ブラックマジックデザイン、クアッドリンク 12G-SDIを搭載したDeckLink 8K Proを発表

世界初クアッドリンク12G-SDIキャプチャー・再生カード。ディープカラーとハイダイナミックレンジの高解像度8Kワークフローに対応!

InterBEE 幕張 2017年11月15日 – Blackmagic Designはこの日、新製品DeckLink 8K Proを発表した。同製品は、クアッドリンク12G-SDIを搭載した高性能キャプチャー・再生カードで、高解像度8Kのワークフローにリアルタイムで対応できる。新登場のDeckLink 8K Proは、SDから8K DCIまでのあらゆるビデオフォーマット、12-bit RGB 4:4:4をサポートしており、さらにディープカラーとHDRに対応したRec.2020などの高度なカラースペースを使用できる点で新しい境地を開く製品だ。またDeckLink 8Kのオーディオチャンネル数は64チャンネルにも及び、ステレオスコピック3Dや高フレームレートもサポートしている。

DeckLink 8K Proは、1月初旬よりBlackmagic Design販売店にてUS$645で販売予定。

さらに、Blackmagic DesignはDeckLink 4K Extreme 12Gの価格引き下げも発表した。新価格はUS$895。

DeckLink 8K Proは、InterBEEのBlackmagic Designのブース(8211)にて展示される。

DeckLink 8K Proは究極のデジタルシネマ・キャプチャー・再生カードだ。4つのクアッドリンク・マルチレート12G-SDIを搭載したDeckLink 8K Proは、SD、HD、Ultra HD、4K、8K、8K DCIのあらゆるフォーマットをサポートしており、ほぼすべての既存のプロ仕様SDI機器と互換性がある。12G-SDI接続は双方向であることから、クアッドリンク8Kのキャプチャーまたは再生、あるいはシングルリンク/デュアルリンクSDIソースの同時キャプチャーおよび再生に使用できる。

DeckLink 8K Proは他のソリューションと比較してはるかに高い品質を誇っている。かつてないピクセル数が扱えるだけでなく、格段に質の高いピクセルに対応しているからだ。8K映像のピクセル数は、通常の1080 HD映像の16倍であるため、ショットのリフレーミングやスケーリングを忠実かつ正確に行える。また、DeckLink 8K Proは12-bit RGB 4:4:4およびRec.2020をサポートしている。これは、ハイダイナミックレンジUltra HD、および4Kや8Kのデジタルシネマ用に作られた巨大なカラースペースだ。

Share:

Leave a Comment

Your email address will not be published.

TOP