ブラックマジックデザイン、URSA MINI PROのBLUETOOTHリモートカメラコントロールのサポート開始を発表

新しいAPIでiPad、携帯電話、ラップトップからURSA Mini Proのリモートカメラコントロール用アプリを構築可能。

NAB 2017 アメリカ合衆国ラスベガス 2017年4月24日 – Blackmagic Designはこの日、URSA Mini Proカメラの新しいオープンプロトコルを発表した。これによりユーザーは、Bluetoothを使った独自のリモートコントロールを構築できる。同プロトコルはNABで展示され、APIおよびサンプルコードは2017年6月に無償でリリースされる予定。

BluetoothリモートカメラコントロールのテストアプリおよびAPIは、NAB 2017のBlackmagic Designブース(#SL216)にて展示される。

URSA Mini ProカメラはBluetoothを内蔵しているが今まで有効化されていなかった。内蔵Bluetoothでは最大9メートル離れた場所からコマンドの送受信が可能。新しくサポートされたBluetoothに一層柔軟性を持たせるため、Blackmagic Designは新しいオープンプロトコルを開発した。デベロッパーAPIと共にサンプルコードの公開を予定しており、これらを使いユーザーは独自のカメラコントロールを構築可能となる。

iPadのデモアプリとサンプルコードは、この機能の使用を希望するユーザーに提供される予定。iPadアプリでは、デジタルスレートのアプリケーションが構築でき、撮影中にオンセットの複数のカメラにシーン、ショット、テイクなどの情報だけでなく、台本の全セリフでさえメタデータとして送信できる。デモのアプリでは、フレームレート、フォーマット、シャッターアングルなどのリモートコントロールで使われることの多いカメラ設定を使用できる。


URSA Mini ProのBluetooth用のオープンAPIとデベロッパーに対するサポートにより、ユーザーはデモのアプリを超越する独自のアプリを構築できる。ユーザーは、カメラ設定のリモート調節や、クレーンマウント時のレンズの電動コントロールができるiPadアプリを作成可能だ。また、高度な技術を有するユーザーはカメラに内蔵されているDaVinci Resolveのカラーコレクションを使用したアプリを構築することで、撮影中にライブでカラーグレーディングを行うこともできる。

さらに、新しいワークフローの構築も可能だ。例えば、Blackmagic URSA Studio Viewfinderを複数のURSA Mini Proカメラにマウントし、マルチカム撮影を行う場合、スイッチャーに接続する代わりに、iPadからすべてのカメラをトリガーして、それぞれの内部メディアに同一のメタデータを記録して収録できる。収録したメディアをDaVinci Resolveでマルチカム編集すれば、ポストプロダクションの正確な編集をライブプロダクションのスピードで実行できる。つまり、以前と比較して、はるかに低価格で質の高い編集が短時間で行えるのだ。

「URSA Mini Proは大変ご好評いただいています。」Blackmagic Design CEO、グラント・ペティは語る。「特に、放送機能、コントロール、内蔵のNDフィルター、交換可能なレンズマウントに関して高い評価をいただいています。ユーザーの皆様が、新たにサポートされたBluetoothを使ったリモートコントロールを完全に独自で構築できるツールを手にすることで、その可能性は無限大に広がると考えています。」

ご購入と価格

URSA Mini ProのBluetooth対応APIおよびサンプルコードを含むCamera 4.4アップデートは2017年6月にリリース予定。
URSA Mini Proのすべてのユーザーは、リリース後Blackmagic Designのウェブサイトから無償でダウンロードできる。

フォト

URSA Mini Proおよびその他のBlackmagic Design製品の写真はこちらwww.blackmagicdesign.com/jp/media/images/

会社概要

Blackmagic Designは、映画、ポストプロダクション、放送業界に向けて世界最先端のビデオ編集製品、デジタルフィルムカメラ、カラーコレクター、ビデオコンバーター、ビデオモニタリング、ルーター、ライブプロダクションスイッチャー、ディスクレコーダー、波形モニター、リアルタイム・フィルムスキャナーを開発している。Blackmagic DesignのDeckLinkキャプチャーカードは、その品質と価格で放送業界に革命をもたらした。また、エミー™ 賞を受賞したDaVinciカラーコレクション システムは、1984年以降、テレビ、映画業界の中心となっている。Blackmagic Designは、現在も6G-SDI、12G-SDI製品、ステレオスコピック3D、Ultra HDワークフローなどの独創的な革新を続けている。世界をリードするポストプロダクションエディターやエンジニアにより設立されたBlackmagic Designは、現在アメリカ合衆国、イギリス、日本、シンガポール、そしてオーストラリアにオフィスを構えている。詳細はwww.blackmagicdesign.com/jp